広告

IN 40 OUT 43

グリーンは9.5フィートと若干遅目。朝凍っているからグリーンを刈れないのかもしれない。

IN

最近、朝のスタートから数ホールはショットの調子がいい。体が動かないから無理せずスムーズに振れている。今日も30Yの打ち上げ457Yパー4で、いきなりドライバーが真っすぐから若干フェードで残り190Y。打ち上げがあったので4Iで打ったら完璧にピン筋。ただグリーンが凍っていて跳ねてしまいグリーンの一番奥。そこから2パットで切り抜けてパー発進。そこから、いいリズムで13番までパー。しかし14番163Yパー3からおかしくなった。その前の13番のセカンドもおかしなスイングリズムだったが、修正できず7Iで左のバンカーからカットしようとしたら、プッシュスライスで右のバンカー。バンカーは上手く寄せてワンピン弱のパットを外して初ボギー。でもここまでは良かった。

15番、ティーショットスライスでフェアーウェー。残り150Yの打ち上げで7Iを持ったが、しっかり当たらずグリーン一番手前にオン。20Yくらいのパットを60センチに寄せたが、パーパットを外してしまった。ボール1個くらいスライスで読んで、カップの左淵狙い。しかしほんの少しパンチが入ってカップに蹴られてしまった。ここからリズムが完全に狂う。16番もパーオンして60センチのパーパット。前のホールの残像が残っていて、同じスライスラインを今度は打つ瞬間にフェースが開いて右に外してボギー。17番、左のバンカーから1.5Mに寄せて下りの若干フックをまたパンチが微妙に入ってカップの右をすり抜けてボギー。パットが完全におかしくなった。30センチのパットも微妙に開いたり引っ掛けたり、軽いイップスの症状。インパクトでフェースをおかしな方向に瞬間的に向けてしまう。

OUT

今度は、パットだけでなくショットが完全に狂いだした。ティーショットのタイミングが全く取れない。1番20Y打ち上げの416Yパー4でいきなりダフってチーピンで130Yしか飛ばずしかも隣のホール。結局4オン2パットでダボ。2番30Y打ち下ろし511Yパー5、取り返すべくドライバーで打ったが、プッシュスライスでOBでダボ。3番185Yパー3、6Iでグリーン右に外したが、上手く寄せて1.5Mの上りのフックのパット。カップを外さないで打つつもりが、出だしから右に外れボギー。4番20Y打ち下ろしの465Yパー5、ドライバーそこそこで残り140Y。かなりアゲインストで左足下がりの傾斜がきつくて触れなかったので7Iで打ったが、手前にショート。そこから20Yのアプローチを転がそうとしたらトップして10Y奥にオーバー。バーディーパット、下りのスライス、打ち切れず手前で曲がってしまい、50センチのパーパット。また引っ掛けて外してボギー。あまりにパター右、左に外れまくる。インパクトで曲がりそうな方向に強く打ち出してしまって全くラインに乗らない。もう完全に吹っ切れて、適当にやりだしたら、何とかパターはその後普通に戻ったが、7番、8番とバディーパットを連続でカップに蹴られツキもない。結局最終ホール3段グリーンの真ん中から奥のピンに向かってオーバーして返しを入れられず3パットして終戦。この一打を入れていれば、5位以内に入れたのに、外して同スコアが10人程度いて、結局カウントバックで10位で終わった。

ショットは、練習場で修正するしかないが、パットが酷過ぎる。そうしたらYouTubeで堀川未来夢チャンネルで(『パッティングでスピンをかけるとは?』堀川のパッティング確率が上がった方法を解説します! – YouTube)、ショートパットのテーマでやっていたが大変参考になった。真っ直ぐ構えて真っ直ぐ打ち出そうとするから、曲がるラインの方に変なインパクトをしてしまう。打ちたい方向に正対せずオープンやクローズで構え、フェースだけ打ちたい方向に出していると、スムーズに手が動いた。当分ラウンドの予定はないが、練習を続ける。収穫は、一昨日やったアプローチ練習からかなりいいイメージでアプローチが出来たこと。右のグリップを上から抑えるように握り、フォローでクラブがアドレスの背骨の傾きと同じような形で抜いていくとフワッとした球が打てた。

投稿者について

週末はゴルフに全力投球。ハンデゼロとクラチャンを目指しています(現在ハンデ7)。平日は主にFX市場で長年現役として働いています。基本的に長めのトレンドを取りに行きながら1週間程度でポート全体のリスクを調整していくスタイルです。

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。