広告

オミクロンの弱毒性が徐々に明らかになる中でリスクオフの巻き戻し。この流れはもう少し続くと思う一方で金曜日CPIが強くて来週のFOMCがタカになるリスクに備えてUSD買いも出てくるだろうから、積み増したAUDロングの半分は0.7150で利食い。

ただ、年末ということでFOMCでタカになったところで、クリスマス前にリスクを取るのかという話。多分やるにしても、超短期でトレードするだけだとすると、たいしてトレンドは出ず、むしろ行き過ぎた通貨を逆張る方が得策。

FOMCについては、テーパリングについては早期終了はほぼ織り込み済みで波乱はないだろう。問題はどのくらいのペースで利上げしていくのかという意味でDOTSに注目。市場の織り込みは前回9月のDOTSより相当進んでおり、大体織り込みの中心は2022年2回、2023年3回、2024年3回、合計8回で、Longer run金利2.5%は変更なしといったところか。

そういう意味で、市場織り込み以上のDOTSにするためには、相当のメンバーの変更が必要であり厳しいのではないか。むしろ、市場織り込みには到達できず失望のUSD売りの可能性の方が高いような気がする。

ただ、中長期的にはやはり、CPIの動向次第だが更なる利上げ方向にブレることを予想する。株が下がるかもしれないが、待機マネーはMMFに大量にあるし、そもそも賃金上昇率が5%近くあり、求人も豊富な状況では調整の下落以上の物にはならず、気づいたらLonger run金利の2.5%すら引き上げられる可能性も来年以降あるかもしれないと想定して、年内は良い水準に来たものから順次USDロング保有に切り替えていく予定。

投稿者について

週末はゴルフに全力投球。ハンデゼロとクラチャンを目指しています(現在ハンデ7)。平日は主にFX市場で長年現役として働いています。基本的に長めのトレンドを取りに行きながら1週間程度でポート全体のリスクを調整していくスタイルです。

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。


Warning: file_get_contents(index.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/j4397077/j4397077.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 441

Warning: file_get_contents(index.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/j4397077/j4397077.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 441

Warning: file_get_contents(index.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/j4397077/j4397077.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 441