広告

白ティ OUT 45(2OB,1池) IN 40(1池)

コースの印象は、戦略的。そこまで狭いわけではないが、両サイドOBか池が必ず配置されていて、ティーショットが打ちづらい。グリーンは多分高麗だと思うが、コンパクションが硬く、9Iくらいまではその場で止まるが、それより上のアイアンだと止まらない。アプローチもファーストバウンドが結構跳ねる。スピードは8フィートと書いてあったが、全くそんな印象はなく、かなり早い。10フィートは出ていたと思う。傾斜も、手前から受けているといったオーソドックスな感じではなく、ポテトチップの様にうねっていた。

本日は、新たなスイングでテーマを持ってラウンド。オープンに構えて本当のターゲットより左にスタンスを取って、そこから肩の位置を本当のターゲットに合わせるというもの。1番から3番までは、特にティーショットで、上手くセットアップが出来ず、1番右にOB,2番右OB、打ち直し左OB,3番右池と、3ホールで8オーバー。

ただ、1番は左に打つと260Yで池だったので、右にOB。2番は230Y地点だけが広くて、それ以外は両サイドOBというホールで、3Iを持って別にプレッシャーはなかったが、どうも構えがしっくりこなくて両サイドにOB。3番は左OB右池で、池は230Yで超えるので、2Hを持ったがまさかのスライスで池。

4番からは、少しずつティーショットが安定はしていなかったが、ホール内に残っているということで、白ティーだから距離がなく、残りは1オーバーで回れた。

後半は5ホール終わって1アンダーだったが、15番で右プッシュ。隣のコースから高い木を越えられず、何とか3オンしたが短いボギーパットを外してダボ。16番もドライバースライス。セカンド残り230Yを2Hを持ったが、ボールが合った位置が強烈な左足上がりでボールが高く上がってしまい、途中の木に捕まってキックが悪く右の池ポチャ。いいショットだっただけに、もう少し左を狙えばよかったが、あの時は2Hで楽に届くと思っていて、左に打つと突き抜けてOBが怖かったので、直接ピンを狙ってしまたが、これは状況判断が悪かった。

全体として、ショットのミスは、

ティーショットは、飛ばそうとしたときに右に体重が残ると右に出てスライス。左に体重が乗って行けば、距離は265Yくらいのキャリーと落ちるが、まあそれなりに打てそう。

ロングアイアンは、どうも左へ振り切れない。何とか左サイドを抜いて、距離を落として真っ直ぐ飛ばしている感じ。

ショートアイアンは、体の回転がいつもよりあるので、ボールに届かなくてトップしがち。しっかりターフを取るつもりで下に出力していかないといけない。ただ、引っ掛けのミスはなしでかなりコントロールできていた。距離も、普段より5Y程度飛ばない感じでそこまで違和感なし。

アプローチは52度のクラブの入りが若干高く、ハーフトップのような感じで出てしまうので、スピンがかからない。もう少し上から落とすイメージが必要かもしれない。

パターは、肩を縦回転して打つ方法は、まあまあ上手くいった。トータル32パット。一回短いのを左に引っ掛けたが、フォロースルーを怖がらず右に出していく感じでもバックスイングでしっかり閉じているので、右に押し出さない。

ただ、いずれにしても、ドライバーは左へのミスはゼロ。全く球筋が変わっていて、これを極めれば何とか戦えるかもしれない。ただ、ホームコースだと、キャリーで270Y以上出すと池を越えてアドバンテージがあるホールが多いので、そこをどう戦っていくか。またそういうホールで、気持ちをコントロールできるかをテストしてみたい。

投稿者について

週末はゴルフに全力投球。ハンデゼロとクラチャンを目指しています(現在ハンデ7)。平日は主にFX市場で長年現役として働いています。基本的に長めのトレンドを取りに行きながら1週間程度でポート全体のリスクを調整していくスタイルです。

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です