広告

練習場ではそれなりに打てるがコースにくるとさっぱり。

ここ2回とも39・55(2OB、5池)、42(1OB、1池)・46(1OB、1池)と、トラブルが多過ぎる。

ミスは相変わらず、

・左肩が被って引っ掛け

・それを嫌がって右プッシュ

・訳が分からなくなってクラブが下から入って右足体重になりチーピン

右も左もどっちもミスが出るため、ターゲットが取れない。せめてどっちかにしたいが、体が勝手に反応するためどっちもミスが出る。イップスなのだろう。

ラウンド後、練習場で一つ閃いた。

カットを打つアドレスでオープンで構えて、そこから肩のラインはスクエアにして、右手でクラブを支えたままトップに持っていき、普通に捕まえにいく打ち方をするというもの。

・カットに構えているため右足体重になりにくい

・オープンに構えているためバックスイングで下半身との分離が勝手にできて、下半身と上半身が一緒に回って右肩が被って入りにくい

球筋は、掴まり過ぎると真っすぐ出て少し左に引っ掛け気味だが右肩が被っているわけではないから許容範囲

それ以外は、少し左に出てフェードになる。

今日は、練習場で強烈に左から横風だったから、左にいかなかっただけなのかがいまいちわからないところなので、明日練習場で試してみる。

これで、無風な状態でも少しフェードするくらいなら持ち球として使える。掴まり過ぎても少し左に行くだけなので、ターゲットを狙いやすくなる。ただもし距離が出なかったときに、またコースで力が入って無理に捕まえすぎるイップス的な体の動きが出ないかどうかが心配。

投稿者について

週末はゴルフに全力投球。ハンデゼロとクラチャンを目指しています(現在ハンデ7)。平日は主にFX市場で長年現役として働いています。基本的に長めのトレンドを取りに行きながら1週間程度でポート全体のリスクを調整していくスタイルです。

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です