広告

相場の流れは、資源上昇によるリスクオン。

ただ、米金利も上昇するため、EM通貨は弱い。

ということで先進国かつ資源国ということでAUD,CAD,NOKが強い。

AUDとCADのロングは成功しているがMXNのロングはマイナス。

GBPはスタグフレーション懸念があるため、リスクオンでもBOEの利上げ織り込みが進行しても買いは弱い。

EUR、JPY、CHF,の緩和継続国は、安心して売り。これらのクロスが大きく売られている。

ファンダメンタルズ的には、中国が景気減速や不動産業界へのテコ入れのための施策をそろそろ打ってきそうな感じを出してきている。債務上限などの米国の政治リスクも一旦遠のいた。したがって、当面リスクオフにはなりにくいということで、USDショートを増やそうと思いUSDSEKを売ってみた。

投稿者について

週末はゴルフに全力投球。ハンデゼロとクラチャンを目指しています(現在ハンデ7)。平日は主にFX市場で長年現役として働いています。基本的に長めのトレンドを取りに行きながら1週間程度でポート全体のリスクを調整していくスタイルです。

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です