広告

連日株が上下動を繰り返す不安定な動き。昨日は米金利上昇・株上昇ながら、FXではリスクオンのUSD売りにはならない。ここに資源の高止まりも合わせて、

先進国では資源国通貨中心にUSD売り。

天然ガスの影響をモロに受けているEURやGBPは上値重い。

EMは資源国であろうと、米金利上昇が効いてしまって売りが優勢。

相関がバラバラだが、もしこのままの展開が続くのならNFPが強くて米金利が上昇するとEMは売られてその他通貨は少しリスクオンのUSD売りといった感じになりそう。

弱かったとしても、9月のような20万人程度であれば、FEDの方針が変わるとは思えず、米金利の低下は限定的だろう。

流石に動くとしたら20万人を切るような悪い数字。この場合、米金利低下と米株下落。FXは恐らくリスクオフのUSD買いが強まると予想する。

そんななか、ひっそりと上昇中のAUDNZDロングを1.0550で全て利食いした。1.0290でがっつりロングに行けたので、今期では一番のトレードとなったかもしれない。

投稿者について

週末はゴルフに全力投球。ハンデゼロとクラチャンを目指しています(現在ハンデ7)。平日は主にFX市場で長年現役として働いています。基本的に長めのトレンドを取りに行きながら1週間程度でポート全体のリスクを調整していくスタイルです。

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です