広告

金曜日には意識されなかったファーウェイCFOの起訴取り消しと中国へ向けてカナダから出国というポジティブニュース。またオイルの急騰による資源国通貨買いが東京時間から起こっていて、何となくリスクオンの雰囲気になっている。

USDCADがかなり下がったところで、少しロングを作成して、USDロングを増やした。またMXNロングのヘッジの意味もあって、結果としてCADMXNのショートになっている状態。

今週は月末・四半期末週で、よくわからない巨大なフローも出てくるだろうし、突然狙っているエントリーポイントがやってくるかもしれないので、注意深くポイントにきたらすぐに入れるようにしておく。

まだドルインデックスをみるとUSD買い継続でいいような気がするが、DXYが92.80辺りを割り込むようだと少し考えな直さないといけないかもしれない。

投稿者について

週末はゴルフに全力投球。ハンデゼロとクラチャンを目指しています(現在ハンデ7)。平日は主にFX市場で長年現役として働いています。基本的に長めのトレンドを取りに行きながら1週間程度でポート全体のリスクを調整していくスタイルです。

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です