section and everything up until
* * @link https://developer.wordpress.org/themes/basics/template-files/#template-partials * * @package Blossom_Travel */ /** * Doctype Hook * * @hooked blossom_travel_doctype */ do_action( 'blossom_travel_doctype' ); ?> 7/19市場動向 – FX&GOLFマスター
広告

東京時間では珍しく株が下がり、全面的にリスクオフのクロス円売り。リスクオフの材料としては、世界中に広がっているデルタ変異株による経済活動停滞の思惑。また、OPECプラスでは減産縮小が決定され原油価格も徐々に下がってきた。

これを受けてUSDCADが久しぶりに200日線を超えてきたので、1.2700で利食い、これでUSDCADはSQになった。CADロングが溜まり過ぎていることから取ったUSDショートヘッジポジションにより何とか、他のUSDショートでのやられをカバーしてくれている。

これで残ったポジションはAUDショート、GBPJPYショート、USDSEKロング、これらはそろそろ利食い時。

一方で苦しいのはNOKSEKロング。少し苦しいのがUSDMXNショートとEURPLNショート。PLNについては、一回下で利食い出来ているので、レンジの上限になったらまたショートを再作成する予定。

投稿者について

週末はゴルフに全力投球。ハンデゼロとクラチャンを目指しています(現在ハンデ7)。平日は主にFX市場で長年現役として働いています。基本的に長めのトレンドを取りに行きながら1週間程度でポート全体のリスクを調整していくスタイルです。

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です