section and everything up until
* * @link https://developer.wordpress.org/themes/basics/template-files/#template-partials * * @package Blossom_Travel */ /** * Doctype Hook * * @hooked blossom_travel_doctype */ do_action( 'blossom_travel_doctype' ); ?> 6/16市場動向 – FX&GOLFマスター
広告

火曜日にRBA議事録が発表され、QE縮小議論は時期尚早であることがわかると、AUDは売られた。更にFOMCのタカ転リスクを織り込む形でUSD買いが進行する中、AUDは更に下落した。

そもそもRBAが緩和解除を急いでいないことはCPIが中銀のレンジを下回っていることから納得できる。一方で、FOMCは確かにインフレこそ一時的に上回っているが、持続的かどうかは怪しいし、しっかりと持続的に回復したのを見てからFOMCは緩和解除に動き出すと予想しているので、今の段階から何かタカ的なメッセージを出すとは思えない。ということで、AUDロングを作成した。

ただ、このロングは、そこまで引っ張るつもりもない。なぜかというと、RBAの緩和解除もまだ先の話ということなので、どちらにも動きづらいから。短期的にはAUDショートが増えていることから、どちらかというとAUDUSDのリスクは上方向かと予想している。

投稿者について

週末はゴルフに全力投球。ハンデゼロとクラチャンを目指しています(現在ハンデ7)。平日は主にFX市場で長年現役として働いています。基本的に長めのトレンドを取りに行きながら1週間程度でポート全体のリスクを調整していくスタイルです。

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です