section and everything up until
* * @link https://developer.wordpress.org/themes/basics/template-files/#template-partials * * @package Blossom_Travel */ /** * Doctype Hook * * @hooked blossom_travel_doctype */ do_action( 'blossom_travel_doctype' ); ?> 6/13ゴルフ – FX&GOLFマスター
広告

OUT 42 IN 40

快晴、微風。好条件だったが、相変わらずティーショットが安定せず、ぱっとしないスコア。パットも、それなりに微妙なパットを決めたが、後半2回3パットしたのはもったいなかった。パット数は前半16、後半16。

練習場で、腕を体の横から肩甲骨を意識してグリップして、大きなスイングアークをしながら50%の力で打つ練習をしたところ、多少球が安定したので、本日もそうするつもりだったが、ドライバーを握るとどうしても力が勝手に入ってしまう。腕を体の前でグリップすると力が入ると体が止まって手打ちになるが、手が体の横から出て肩甲骨から一体となる意識があると体が先行してその後手が下りてくる形になりやすい。

50%で打つつもりでも実際には80%くらいの力が出ていて、効率もいいことから殆ど距離は変わらない。恐らくドライバーでも10ヤード、アイアンで5ヤードとかそのくらいのレベル。勿論ドライバー万振りした時とは比較にならないが。

アイアンや2Hではまだ、何とか力を制御できていたが、ティーアップすると、若干あおり打ちの様おかしくなる。それを嫌がると右にすっぽ抜ける。前半2ホール目に右にすっぽ抜けてOBを打ってから、その後左にまく球が増えた。3Wでも左巻きが伝染。2Hだけは何とか制御できた。

何とか予選は通過できたが、トップとは9打差。かといって攻めるべくドライバーを握ると、大崩れの可能性もあるので悩ましい。かといって今日のようにおとなしくやりだすと、ほぼバーディーチャンスなし。とにかくティーショットの精度を上げるしかない。クラチャンまであと2か月。

投稿者について

週末はゴルフに全力投球。ハンデゼロとクラチャンを目指しています(現在ハンデ7)。平日は主にFX市場で長年現役として働いています。基本的に長めのトレンドを取りに行きながら1週間程度でポート全体のリスクを調整していくスタイルです。

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です