section and everything up until
* * @link https://developer.wordpress.org/themes/basics/template-files/#template-partials * * @package Blossom_Travel */ /** * Doctype Hook * * @hooked blossom_travel_doctype */ do_action( 'blossom_travel_doctype' ); ?> 12/25ワンウェイゴルフ – FX&GOLFマスター
広告

OUT35 IN44 白ティー

朝は3度くらいでそのあと徐々に気温が上がっていって体調的には問題なし。若干風は吹いていてやっかいだった。久しぶりに白ティーから回ったが、4つのパー5で3つバーディー。バーディー取ったホールは全て2オン。そりゃスコアは出るなという感じ。

それでも前半は3バーディー2ボギーでまあまあいいかなと思ったが、後半44とリズムが崩れると全く立て直せない。

素トリ、素ダボ×2とどうしようもない。原因は若干難しいラインでアプローチをざっくりしたり、3パットしたことが原因。パー3のショートアイアンの距離感が合わなかったり、左に巻き込む癖が出てしまったりということだったので、ラウンド後の練習と、翌日以降の練習場で調整してそれなりに治った。

特にショットは、体の正面でインパクトを迎えることを忘れていて、特に寒いから、体を大きく動かしたくて知らず知らずのうちに、右肩が被って体が横回転していた。

コツは、体の正面でインパクト、左に踏み込む、クラブは下に押し込みながら前倒しとひっくり返しをしっかりやる。

50ヤードくらいのアプローチは、体を回転させながら左肩と右肩を入れ替えるイメージで打つと、ハンドファーストになってダフらない。

アプローチは、体の近くにボールを置いて、上の後ろに引き上げて体の回転で打つ。

バンカーは、手首を使って上に振り上げて、バンスを叩きつけるイメージ。

パターは、左手のグリップを小指の根元から人差し指の第2関節にかけて指で握る感じにして手のひらが若干余る感じにしたら真っ直ぐ打てるようになった。

投稿者について

週末はゴルフに全力投球。ハンデゼロとクラチャンを目指しています(現在ハンデ7)。平日は主にFX市場で長年現役として働いています。基本的に長めのトレンドを取りに行きながら1週間程度でポート全体のリスクを調整していくスタイルです。

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です