section and everything up until
* * @link https://developer.wordpress.org/themes/basics/template-files/#template-partials * * @package Blossom_Travel */ /** * Doctype Hook * * @hooked blossom_travel_doctype */ do_action( 'blossom_travel_doctype' ); ?> 12/17市場動向 – FX&GOLFマスター
広告

FOMCは予想通りでマーケットは動かなかったが、実は意図が良く見えた会合だったと認識している。

緩和継続を「今後数か月」から「雇用とインフレに顕著な進展が見られるまで」というように変えてきた。具体的な数字も示さず、FRBの自由度を増やした格好。

これには直近では追加財政の規模がどのくらいになるのか、それによって金利が万が一上がってしまった場合には、緩和を強めることもできるし、将来普通にインフレ圧力が強まってきた場合に即座に行動できるようにも整えた印象。実際にDOTSを見てもまた1名2023の利上げ見通しが増えたし、経済見通しの失業率や物価見通しも上方修正している。

短期的は緩和の手を緩めないが、予想以上に早く緩和状態は解除してくる可能性に注意して、来年後半くらいにはUSDショートトレンドは終わりを迎えている可能性がある。

投稿者について

週末はゴルフに全力投球。ハンデゼロとクラチャンを目指しています(現在ハンデ7)。平日は主にFX市場で長年現役として働いています。基本的に長めのトレンドを取りに行きながら1週間程度でポート全体のリスクを調整していくスタイルです。

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です