section and everything up until
* * @link https://developer.wordpress.org/themes/basics/template-files/#template-partials * * @package Blossom_Travel */ /** * Doctype Hook * * @hooked blossom_travel_doctype */ do_action( 'blossom_travel_doctype' ); ?> 12/13ゴルフ – FX&GOLFマスター
広告

IN 42 OUT42

久しぶりの8時半スタートで気温も上がっていたので体はしっかり動いていたが、後半の途中大体13ホールまでティーショットが悪く、パターはずっとおかしかった。

まずティーショットはドライバーはどうもインパクトで詰まる形となって右にプッシュ気味。これはオープン気味にアドレスして右肩が被っていたのに、それをアッパーで打とうとしておかしな感覚になっていた。それは、横から叩くイメージ。バックスイングは後ろに上げるのではなく、体の右に引っ張るイメージにしたら解消して、最後の方はかなり飛距離も出て曲がらなくなった。冬なのにキャリーで290は越えていた。

3Wは恐らく右肩が被って打ち込んでてんぷらになっていたのだと思う。途中で使うのをやめたが、今週末練習場で試してみる。しっかり右に引っ張ってバックスイングを上げてから打ち込む形をイメージする。

パットがとにかく酷かった。前半15の後半19だったが、カラーからとかの実質3パットみたいなのを含めると36パット。短い1メートルも2回外した。本日は今年初めての10.7フィートと早目で、距離感がおかしかったし、短いパットもふちを狙って強すぎてカップにけられるパターンが4回。振り子のイメージの打ち方に変えてから何となく結果は良かったが、どうも距離感が合う時と合わないときがあって、インパクトの強さがまちまち。今週末の月例ではパット練習を多目にする。

投稿者について

週末はゴルフに全力投球。ハンデゼロとクラチャンを目指しています(現在ハンデ7)。平日は主にFX市場で長年現役として働いています。基本的に長めのトレンドを取りに行きながら1週間程度でポート全体のリスクを調整していくスタイルです。

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です