広告

12月中旬のFOMCに向けて少しリスクを減らしていこうと思い、EURNOKショートを利食い、NOKSEKロングを一部利食い、GBPショートを追加し、全体のリスク資産ウェイトを半分くらいに減らした形。

FXではUSD売りがメインテーマとなり、誰も異論を唱える人がいないのが気持ちが悪い。前提となるのがワクチンがコロナ感染を凌駕するという設定たが、まあまあ織り込まれて株がここまで上昇してきた。

今週は、リスクイベントとして、来週期限を迎えるEU復興ファンド関連交渉とBREXIT交渉。あと火曜日までに決まるはずのOPECプラスによる減産延長交渉。このなかで何かがきっかけとなり、調整となってもおかしくない。

特に欧州の政治イベントはショーのようなもので、期限のかなり前に妥協したりすると国民へのアピールにならないから、妥協するにしても期限はぎりぎりになるというのが、これまでの流れ。ただ、BREXITに関しては部分合意については相当織り込まれた印象があり、そもそも離脱して関税がかかってくるわけなので、UKにとってプラスになることはない。経済的ダメージを受け入れる代わりに主権を取り戻すことを選択したUKなので、BREXIT前の1.40を超える可能性は低いと考える。

投稿者について

週末はゴルフに全力投球。ハンデゼロとクラチャンを目指しています(現在ハンデ7)。平日は主にFX市場で長年現役として働いています。基本的に長めのトレンドを取りに行きながら1週間程度でポート全体のリスクを調整していくスタイルです。

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です