広告

運良くAUDNZDが少し反発してくれたので1/8だけ利食い。現時点では下がったらまたポジションを復元する予定。世界的に特に新しい材料はなし。あるとするなら週末ブレグジット交渉関連だが、部分合意くらいであればたいしてGBPは買われないと思う。

あと本日は早朝メキシコ中銀が政策金利を据え置いた。2/3が利下げを予想していたが、インフレがターゲットを超えていることから個人的には据え置きを予想していた。結果予想通りとなったものの、MXN買いとはならず。ある程度ポジションが出来てしまっているということだろう。また一人のメンバーが利下げを支持しており、中銀としては金融政策は据え置いたまま、最近のMXN高によりCPIが下がるかどうか見極めている段階で、うまく下がってくれればコロナ対策も含めてまだ利下げする方針の可能性もある。EURMXNのショートに関してはあまり引っ張らずに一回クローズした方がいいかもしれない。

投稿者について

週末はゴルフに全力投球。ハンデゼロとクラチャンを目指しています(現在ハンデ7)。平日は主にFX市場で長年現役として働いています。基本的に長めのトレンドを取りに行きながら1週間程度でポート全体のリスクを調整していくスタイルです。

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です