section and everything up until
* * @link https://developer.wordpress.org/themes/basics/template-files/#template-partials * * @package Blossom_Travel */ /** * Doctype Hook * * @hooked blossom_travel_doctype */ do_action( 'blossom_travel_doctype' ); ?> 11/9週間予想 – FX&GOLFマスター
広告

バイデントレードとは言ってもまだ年内はトランプ政権が継続するわけで追加財政も合意に達することはないであろう。そんな中欧州から米国にもコロナ感染拡大の二次被害は拡大中であり、万が一ロックダウンということになれば、経済へのダメージは避けられない。またトランプが敗北を認めず訴訟となれば年内はリスクセンチメントは悪いままだろう。

ただ、相場は1月以降のバイデン政権期待に既に動いてしまっている。選挙前に落とした株リスクはもう少しで回復すると思うが、そこまでの戻りはあってもおかしくない。あまり気が進まないが、現在夏でコロナのコントロールに比較的成功しているAUDをロングにした。少し残っていたUSDCADロングもカットし、ポートをリスクオン寄りに傾けた。ただいつでも脱出する用意はしておかないといけない。

そんな中、いきなりワクチン開発に進展ありということで更にリスクオンが加速した。置いてあったEURPLNショートの利食いオーダーがついてしまった。

ただやはり米追加財政がないなかで一方的なリスクオンの展開は難しいと思う。リスクオフのポジションを作るとしたら既に少額ショートのGBPの積み増し。一応今週中に何かしら結論が出るはずだが、良くて部分合意。下手したらオーストラリア型合意とかいって、事実上破綻ということも十分ありうる。部分合意程度であれば、既にそれなりにロングポジションになっていることから、1.33程度が精一杯だと予想するので、1.32ミドル辺りで積み増しを狙いたい。

投稿者について

週末はゴルフに全力投球。ハンデゼロとクラチャンを目指しています(現在ハンデ7)。平日は主にFX市場で長年現役として働いています。基本的に長めのトレンドを取りに行きながら1週間程度でポート全体のリスクを調整していくスタイルです。

おすすめ:

5件のコメント

  1. Simply want to say your article is as amazing.
    The clearness on your publish is simply excellent and i could assume you
    are a professional in this subject. Fine together with your permission let me
    to seize your feed to keep updated with forthcoming post.
    Thanks one million and please carry on the gratifying work.
    asmr 0mniartist

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です