広告

米国でJ&Jやその他の会社でワクチン開発が一時停止となり、欧州で再ロックダウンが始まり、いよいよコロナ2次感染拡大が意識され始めリスクオフとなりつつある。先週バイデントレードだったりトリプルブルーが期待されたことによるリスクオンの雰囲気だっただけに、それなりに値動きが出るかもしれない。

ただこれも今に始まったわけではなく、単純に溜まったポジションの振り落としだと考えている。特に酷いのが連日政治家の発言に振り回されているGBP。

一応本命はトリプルブルーを想定して、こういったリスクオフの時にUSDロングをクローズしていきたい。

バイデンの勝利は日に日に濃厚となっていっているが、ポイントは上院をどっちが抑えるかだと思うが、こちらはいまのところ五分五分。

ということで、まだトリプルブルーはそこまで織り込み切れてないなか、万が一トリプルとなった場合は、先にリスクオンのUSD売りがくることを想定している。

この数日でCAD、SGD、GBPのショートは最低半分はクローズしておきたい。

投稿者について

週末はゴルフに全力投球。ハンデゼロとクラチャンを目指しています(現在ハンデ7)。平日は主にFX市場で長年現役として働いています。基本的に長めのトレンドを取りに行きながら1週間程度でポート全体のリスクを調整していくスタイルです。

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です