section and everything up until
* * @link https://developer.wordpress.org/themes/basics/template-files/#template-partials * * @package Blossom_Travel */ /** * Doctype Hook * * @hooked blossom_travel_doctype */ do_action( 'blossom_travel_doctype' ); ?> 7/23市場動向 – FX&GOLFマスター
広告

EU復興ファンドが予想外に合意となり、EURが1.15をすんなり抜けて、ドル売りに勢いがついてしまいHF勢のファンダメンタルズが悪いGBPとAUDのショートがカバーされて、貴金属やオイルも全て上昇し、市場レポートなどで完全な金余り相場で、EURのターゲットが1.18とか1.20とか騒ぎはじめたところでようやくドル売りが止まった。

ポートはEURとSEKとNOKのロングは良かったがGBPとAUDのショートがやられ。CADとMXNの米国経済圏にベットしたショートはあまりやられず、トータルでプラマイゼロで乗り切った。

リスクオフになると急に米中の話を持ち出すが、今に始まったことではない。これまでのリスクオンが行き過ぎの部分もあったので、下げ幅もそれなりにあるかもしれないが、資金繰り不安にならないということは、7月末に米議会が追加財政支援策を決定するなら、また金がマーケットに投入されるわけで、ある程度リスクオフとなったところで、リスク資産ショートポジションはクローズしたい。

投稿者について

週末はゴルフに全力投球。ハンデゼロとクラチャンを目指しています(現在ハンデ7)。平日は主にFX市場で長年現役として働いています。基本的に長めのトレンドを取りに行きながら1週間程度でポート全体のリスクを調整していくスタイルです。

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です