section and everything up until
* * @link https://developer.wordpress.org/themes/basics/template-files/#template-partials * * @package Blossom_Travel */ /** * Doctype Hook * * @hooked blossom_travel_doctype */ do_action( 'blossom_travel_doctype' ); ?> 6/24市場動向 – FX&GOLFマスター
広告

昨日は、欧州のPMIが軒並み良好で株が堅調だったが、アジアまで持たない。やはり株が上抜けるにも材料不足、下抜けるにも金融と財政のサポートがありぬけないといったところか。ワクチンができるまではレンジ。それまでもし可能性があるとしたら、予想以上にコロナ二次感染被害が大きく雇用が回復しないといったことがデータで明らかに示されてしまうことくらいか。少し動いたところで割安通貨ペアをみつけて逆張りエントリー戦略が一番有効かもしれない。

ところでトランプが焦っているのか次々に手を打ってくる。昨日はナバロのits over発言を火消しして中国を屈服させているといったイメージ戦略。カナダ向けにはアルミ輸出に関税をかけることで国内のアルミ業者の票を獲得しようとしている。

本日はEUとUKに対して関税をかけると言い始めたが、これは恐らくコロナ対応で使った金を回収したいのだろう。

それにしてもこれだけ敵を作れば、報復もされるだろうし逆効果の気がする。しかも昨年と違い米国自身に大量の失業者が出ている状況で余裕がない。相手にも足元をみられてしまうだろう。しかし、トランプの場合これまで無茶苦茶なロジックでも、最終的にはなぜか思い通りに事が運んだりしてきたので、今後の展開は要チェックである。

投稿者について

週末はゴルフに全力投球。ハンデゼロとクラチャンを目指しています(現在ハンデ7)。平日は主にFX市場で長年現役として働いています。基本的に長めのトレンドを取りに行きながら1週間程度でポート全体のリスクを調整していくスタイルです。

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です