広告

昨晩のFOMC、事前予想通りしっかりハトを表明したが、その後株が下落するなど、これまでとは違う値動きとなった。

強烈な米雇用統計後、月曜日から株は上がり続けてきたが、米金利は低下、VIX上昇、オイルは下落、金は上昇、EM買いはストップとその他資産は概ねリスクオフ警戒モードとなっていた。

FOMCを受けてようやく株にも調整が入りそうで、USDCADロングを積み増して、USDSEKショートはすべて利食った。あとはAUDショートとUSDCADロングをいいところで救出できれば、またリスクオン寄りのポジションに戻したい。

資金繰り不安がないマーケットだから株の調整の下落は深くならないと思う。

投稿者について

週末はゴルフに全力投球。ハンデゼロとクラチャンを目指しています(現在ハンデ7)。平日は主にFX市場で長年現役として働いています。基本的に長めのトレンドを取りに行きながら1週間程度でポート全体のリスクを調整していくスタイルです。

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です