広告

しかしリスクオンのドル売りが止まらない。大豆問題にトランプの反応も薄いし、それを確認して更に株買いのリスクオン。米国内の暴徒問題が出ても完全に無視して株上昇。これで株が下がっているなら単純なドル売りの可能性もあるが、株が上がっていることから、リスクオン認定。

さすがにもう終わりだろうと思い続けて1週間弱経過。その間、FXではリスクオフにかけたドルロングポジションが次々とストップアウト。株はいつまでたっても二番底警戒感が消えず、全然ロングになりきれないから、余計に上がる。やはり、大量の資金供給で資金繰り不安が消えたことによる、株買い圧力は相当のものなのかもしれない。

ただ、もうここまで来てしまってここからリスクオンでついていく気にはならない。短期トレードで毎日の損失を多少減らしながら、耐えるしかない。

投稿者について

週末はゴルフに全力投球。ハンデゼロとクラチャンを目指しています(現在ハンデ7)。平日は主にFX市場で長年現役として働いています。基本的に長めのトレンドを取りに行きながら1週間程度でポート全体のリスクを調整していくスタイルです。

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です