広告

突然香港がネタにされてリスクオフに転換した。昨日1.10アッパーの滞空時間が短くEURロングは全く減らせなかった。昨日時点でHKDのSPOTが少し上昇して、FWDが吹っ飛んだことで予兆はあったが、甘く見ていた。

ただ、全体のポジションとしては問題ない。AUDとCADとGBPのショートが再びワークし始めた。このままドル買いとなるなら先週考えていたメインシナリオでもあるが、次のストーリーはまだ50/50。一つは来週月末前までドル買い継続、もう一つは6月第1週までドル買い継続。今月のアロケーションは恐らく株売り債券買いだろうから、ドル買い継続の可能性もある。米中関係が改善する発言がない限り。一応短期勝負ということでUSDNOKショートを利食い、リスクオフに一番反応しやすく相関が高いNOKJPYショートを作成。

ただ来週で香港問題で米中が揉めたところで既にコロナに毒された実体経済にはあまり影響がないと思う。雰囲気だけのリスクオフなら全人代が終わる来週木曜日をきっかけにドル買いが終わってしまう可能性もあるので、来週中にクローズ予定。

投稿者について

週末はゴルフに全力投球。ハンデゼロとクラチャンを目指しています(現在ハンデ7)。平日は主にFX市場で長年現役として働いています。基本的に長めのトレンドを取りに行きながら1週間程度でポート全体のリスクを調整していくスタイルです。

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です