広告

アメリカとしては国民のやり場のない怒りを鎮めるために、中国を攻撃せざるを得ない。またFRBが無制限にサポートをするといっても、株価は大統領選までに持ち直すことは難しく、雇用を戻すとなるともっと時間がかかる。経済面でアピールできないことから、余計に中国を攻撃する。また、前回合意したような曖昧な勝利でなく明確な賠償金を勝ち取るという結果を求めることになり、中国ははっきりと抵抗するだろう。

中国の対抗カードの一つとして米債売却が挙げられるが、これは無理だろう。世界一の流動性を誇る米債以上の投資先は現時点ではない。ただ、アメリカ依存を避けるために、裏では米債の売却は進めていくことから、米金利は下がりにくくなりそう。

またクリミア侵攻したときのロシアへの制裁の一つとして、ロシア高官の口座が凍結された。中国人もそれを避けるために、ドルから他の通貨に避難を始めるだろう。

避難先としては、EURか円というのが最も合理的。今後しばらくこれらの通貨も売られると何故かサポートされるという展開になると予想している。

投稿者について

週末はゴルフに全力投球。ハンデゼロとクラチャンを目指しています(現在ハンデ7)。平日は主にFX市場で長年現役として働いています。基本的に長めのトレンドを取りに行きながら1週間程度でポート全体のリスクを調整していくスタイルです。

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です