広告

4/28のブログで指摘した通り、昨日のLDNFIXはすごい値動きだった。値動きから見るとドル売りと円売りが強かった様子。債券は2か月分のアロケーションということで金額が大きかったであろうし、米株筆頭に動きが大きかったのでアロケーションの金額も大きかったのだろう。

さて5月に入り一旦株の反発も終わったように見える。ロックダウン解除期待・治療薬への期待も大体織り込んで今の位置に見える。これまでボロボロの経済指標は無視してきたので、ここからは実体経済を見ていく時間帯。当面4月の高値を株のトップとしてのレンジ期間へ移行すると予想。

まともに判断できる経済指標はロックダウン解除後のものになるので、6月から経済活動が再開できるとして7月の数字から本格的なトレンドを形成していくと思われる。

経済活動が再開できたところで、これまで失業した人・減給になった人の消費は戻らないことから、V字回復はできないと思う。良くてU字。個人的にかなり平べったいU字を予想している。

投稿者について

週末はゴルフに全力投球。ハンデゼロとクラチャンを目指しています(現在ハンデ7)。平日は主にFX市場で長年現役として働いています。基本的に長めのトレンドを取りに行きながら1週間程度でポート全体のリスクを調整していくスタイルです。

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です